ジャグラーのやめどきのポイントとは!


今日はジャグラーにおけるやめどきについて語るから参考にしておくれ。実はジャグラーのやめどきというのは、非常にシビやで判断が難しいと言える機種でもあるのです。なぜかと言うとそもそもジャグラーは毎回抽選方式なのだから。そこでベストな回転数やゲーム数の最適なやめどきを模索されいてもジャグラーには永遠にコレといった答えが出てくるはずもないし私から言わせればナンセンスな考え方であると言ってもいいでしょう。そしてやめどきに失敗しせっかくのプラス1000枚だったはずのコインも全部なくなってしまう事だってザラにある話だ。ではジャグラーにやめどきのどのタイミングが一番ベストなのか!?

やめどきはボーナス直後に集点をおこう

目安としてはボーナス直後の100ゲーム以内。長くても最高120ゲームまでとルール化してしまえばいい。これだとわかりやすいでしょ。私も実際、一時的なジャグ連後はその先に期待のもてない台と判断した場合には100ゲーム数以内でその日はきっちり手じまう事もあります。ひどい時は50ゲームで手じまう事もあります(;´Д`)笑 私は基本的に長打ちはしませんしどんなに設定よさげな台に座れてもその日収益がプラス500枚にで転じた瞬間、よく即止めしたりします。中には、こんな枚数でちょびちょび即やめしてらるわけねーよと思った方もいると思うが仮に、例として5,6枚の等価で計算するとコイン500枚で8950円の利益になりますよね。欲さえ出さずにその日その日で確実にプラス500枚でも収益を残す事ができれば単純計算1ヶ月で約268,500¥といった大金に丸変りしてしまうのです。たったの1ヶ月でですよ!まあ1ヶ月間連続で勝つ事はそんなに簡単な事ではないが、そおいった思考をもって打ち手に回れば自ずと勝率の高いジャグッターになる事は間違いなさそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です