ジャグラーで勝つ方法を語る

ジャグラーで勝つ方法の事をメインに初心者~上級者までサトル流の必勝法を語っている!たくさんあるスロット機種の中でも最もローリスクで、そして何と言ってもコツコツと勝ちやすいジャグラーで勝利を掴み取ってくれ!当ブログサイトは完全に独自の視点から必勝法をシェアしているので参考程度に読んでいただけたら幸いだ※実践での勝ち負けに関しては自己責任でお願いします。

ジャグラー必勝法まとめ

ジャグラー朝一必勝法のコツ

投稿日:



今日は朝一の必勝法について語ろうと思うがジャグラー初心者さん向けではなく少し中級者~上級者向けに解説していこうと思う。朝一でなかなかいい結果を残せていない人は是非読んでおくれ。まずはわかりやすく朝一での必勝法の条件をさとるなりにいくつかあげて見た。

朝一必勝法の条件とは?

  1. よく通っていて行きつけのマイホール店なのか
  2. 据え置き狙いなのか
  3. 朝一設定変更狙いなのか
  4. 前日までのデーターを把握しきれているのか

と4つの条件をあげてみました。それでは順番に条件1から解説していこうと思う。




スポンサーリンク

条件1
よく通っていて行きつけのマイホール店なのかとの事だが、つまりは何が言いたいのかと言うと、あまり知らないホールで朝一から勝負に出るのは非常に危険だという事です。むしろ朝一の必勝法とは言えずただのギャンブルでしかすぎません。ただでさえ朝一は先を予測する事が難しいのに、どおせなら普段通い慣れているマイホールで打った方が勝つ確率は高くなります。なぜならホールの信頼度とクセが掴みやすいからね(´∀`)
条件2
据え置き狙いなのかとの事だがこれも朝一の必勝法のひとつでる。ですがこれもまたホールのクセを掴んでこその戦略となるので普段通い慣れていないホールで打つのは極めてきけんである。ちなみ私は普段からある程度、店舗数を絞って打ちに行くのでクセが読みやすい時なんかはよく据え置き狙いもしたりする。
条件3
朝一設定変更を狙う!との事だが、まさかガックンを期待してねーよな!笑 例えガックンに遭遇したからと言って設定6確定じゃないからな!笑 そして朝一の設定変更上げを狙う方法だがこれもまたホールのクセを掴んでこその戦略となる。ただ闇雲に前日は大きく飲み込まれたから今日は設定上げてくるだろうとか、前日大当たり数が少ないから今日は上げてくるだろうとか、そおいった考えで打つと絶対に安定して勝率を残す事はできない。実際私もスロットはじめたてのころはそうだったので(;´Д`)笑 対策としてはできれば毎日同じホールに足を運び時間のある限り観察する。そおするとホールのクセがだんだんと見えてきますから。
件条4
前日までのデーターを把握しきれているかとの事だが、びっくりする事に以外と多いのが前日までのデーターをちゃんと把握しておらず朝一からなんとなく適当に台にすわる方って多いんですね。私からするとありえない(^_^;)せっかく早起きして朝から打ちにいくのにデーターもとらず負けたらどおする・・・というかデーターをとるのは当たり前ですから(^_^;)

⇒ジャグラー朝一で勝つ方法は存在しない




スポンサーリンク

-ジャグラー必勝法まとめ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジャグラー天井設定6の最高ゲーム数は!?

ど〜も〜!全国1ジャグラーを愛する管理人事、サトルと申します。本日もジャグラーで食いたい人のために辛めな講義解説をズバットしていきますので是非参考に読んでくださいね。 ではではいきましょう〜。 目次1 …

ジャグラー朝一の挙動を徹底解剖

ど〜も〜サトルです!今日はジャグラー朝一の挙動を徹底解剖といテーマで解説していきたいと思います。 ジャグラーの朝一の挙動というのは正直、気まぐれな事が多いです。ど〜言う事かといいますと、低設定の台であ …

ジャグラー台選び悪魔の夜時間

意外にも夜の方がジャグラーは勝ちやすいと思ってるのなら危険です。ど〜も〜サトルです!本日の講義ではもっとも細心の注意をはらうべき時間帯でもある夜の台選びのコツから大事な注意事項なども含めて解説していこ …

no image

さとるのプロフィール

はじめまして、当ブログサイト管理人のさとるです。 2007年、ジャグラー5号機が登場して以来、今だにジャグラーを愛して止まない管理人ですが晴れて今年からはこれまでの経験を元にジャグラーの勝ち方、攻略法 …

ジャグラーで勝つ秘訣のカラクリ

ど〜も〜サトルです。いつもブログを読んでいただきありがとうございます! 今日はジャグラーで勝つ秘訣について解説していきますので参考にしていただければと思います。 まず最初にジャグラーといものはあくまで …